三田市ガラス工芸館では、パラオ・コロール州立のガラス工房「ベラウ・エコ・グラス・スタジオ(Belau Eco Glass Studio)」への海外技術協力を行っています。

ベラウ・エコ・グラス JICA

ベラウ・エコ・グラス・スタジオは、コロール州リサイクルセンターに属し、廃ガラス(主にビール瓶)を活用した吹きガラス作品制作を進めていますが、三田市ガラス工芸館はJICA(国際協力機構)を通してボランティアの派遣を行い、現地講師スタッフの育成を担っています。
2017年8月28日、三田市とJICAの間で覚書が締結され、自治体連携ボランティアとしての技術派遣を推進し、その中で、工房施設の拡張と現地スタッフのガラス制作技法の習得を目指し、パラオでの教育施設、観光資源としての役割、そして大きな視点の中でリサイクルシステムの拡大を図ってきました。
【2020年3月10日追記】
2020年3月31日をもって、ベラウ・エコ・グラス・スタジオに対する三田市のJICA自治体連携プロジェクトは終了します。これまでの2年9か月三田市ガラス工芸館は3名のスタッフを現地派遣し、ガラス工芸技法の指導を行ってきました。指導した技能は多種にわたり、工房新設・拡大に向けてスタッフの制作技術の幅を拡げてきました。
2020年4月以降においても、ガラス工芸館の技術協力は継続されます。引き続き1名の派遣を行い、新しい運営体制に沿ったスタッフのスキルアップを計画しています。また、パラオ・コロール州では、リサイクルシステムの充実を図り、官民連携事業(Public Private Partnership)を進めています。